読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週のユニクロはこれを買え(平成29年5月20日~)

 こんにちは。マキベリーです。本ブログはついついユニクロでかごいっぱい買ってしまう人、またユニクロなんかにいい服はないと思っている人、服にお金をかけられない人、服を選ぶのがめんどうな人にユニクロの期間限定品の中から一品を選び出すブログです。ユニクロの期間限定品はおおむね1週間。金曜日から次の土曜日までの設定です。そこでなんとか毎週金曜日の夜にはこのブログを更新したいと思っています。毎週1品買っても月に4品程度服が増えます。でも概ね1万円はいかないでしょう。なんとか私のような薄給のサラリーマンでもおこずかいでやりくりできる範囲です。(ユニクロ以外でも買えば別ですが。。。)服はなるべくシンプルかつキレイ目のものを提案しています。着こなしやなぜいいのかの理論を加えて紹介しますので、写真等はなくてもなんとなくつかいまわしも理解いただけると思います。写真も掲載したいですが、仕事もありますし、負担が大きくなって続けられなくなるとみもふたもないので、とりあえずが文章で表現していきます。

 さて今週は少しいつもと趣向を変えて、ビジネス用のシャツです。

ユニクロ|ファインクロスブロードシャツ(長袖)|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト) ¥1,990円(税抜)

 みなさんもそろそろ職場ではクールビズなるものが開始されていると思いますが、そんなクールビズにぴったりです。

 なぜか。なんせこのシャツ生地が薄いのです。ビジネス用に年中通して店頭にありますが、スーツの量販店やツープライススーツ店で展開されているブロードシャツと比較しても生地がぺらぺらです。襟も少々たよりなくネクタイをすると膨らんでしまうくらいのもの。

 しかし逆に考えればこの薄さ、ぺなぺなさが夏にはちょうどいいです。ネクタイも外すことが多いので特に問題ありません。

 一方形は標準とスリムがありますが、スリムはストレッチが効いていて動きやすいです。またアームホールが比較的細いためすっきりとした見た目となり、デザインはなかなかのものです。襟もカッタウェイなどもありますので、ネクタイをしない前提であればこちらもいいでしょう。

 このシャツに、夏素材のスラックスなどを合わせればキレイ目なクールビズが完成です。

 クールビズですが、みなさん中々どのようにするのか悩みが多いと思います。基本的には好みで着ていいのでしょうが、いくつかNGがあります。

 1点目は襟やボタン、ボタンの留める箇所の裏にチェックなどのアクセントのあるシャツはやめましょう。結構着てる人多いです。スーツカンパニーとかPSFA等で多くラインナップされてますが、ちょっとスーツや服にうるさい人が見たらこれは着ないなあという定番なのです。ボタンに色が付いていたり、取付に色付きの糸を使っているシャツ、袖まくりするとストライプの生地がでてくるのも同じです。スーツの本場では間違いなく売られてないです。昔省エネルックとして半袖のジャケットなどがありましたが、それと同様です。これはもう理屈じゃないです。こういうのはダサいと評価されてしまっている以上どうがんばっても覆せないものです。例えばケミカルウォッシュのジーンズなどもどんなに上手に着こなしてもオシャレに見えないもので、超上級者ならそれなりに見せることができるでしょうが、職場に着ていくワイシャツについては選ばないのが賢明です。

 2つめ。一時紺のジャケットにグレーのパンツ、茶色の革靴のいわゆるジャケパンスタイルがはやりました。今も流行ってますが、これもなんか流行になりすぎて、いまいちオシャレに見えません。だいたい茶色の革靴はかなり難しいです。ベルトとカバントーンを合わせないとなかなかキレイに見えませんが、毎日のカバンとベルトを合わせるのは結構手間ですし、少し明るさが違うと悪目立ちします。特にベルトと靴が茶色だと結構、そこに目が行きやすく腰が目立つ上に靴が目立って足が短く見えてしまいます。紺のジャケットにグレーのパンツならばシンプルに黒ベルト、黒靴がいいと思います。茶色の革靴はかなり危険です。上級者は別ですよ。茶色でもなるべくダークトーンであればこの限りではないですよ。

 3つめ。半袖。これもかなり危険なアイテムです。そもそもスーツの世界に半袖シャツはありません。基本的には長袖も腕まくりして着ましょう。半袖の難しいとこをは腕がだぼっとしてだらしなく見えることです。半袖をどうしても着るのであれば、ポロシャツなどがいいでしょう。

 クールビズというのは現東京都知事が始めた政策で、環境への配慮から生まれたものです。そっちの分ではエアコンが28度になったり、女性との格差を埋めれますので効果はあったと思いますが、まちゆく人たちがだらしなくなったという感じがして私はあまり好きになれません。

 タックインしてシャツを着用すれば基本的にウェストが目立ちます。ネクタイがあれば視線誘導でおなかのぽっちゃりや足の短さをカバーできますが、ネクタイも外してしまっている。そのうえいつものだぼっとしたスーツのパンツとシャツだけではルーズになりすぎます。

 ですのでジャケットを着ない、ネクタイも外すという時は残りはできるだけフォーマルに近づけることが大事です。まずはポケットのない白シャツ(ユニクロの通販サイトではあります。)で、ウールなど艶のある細身のスラックスで色は黒や紺などの濃いめの色で靴下も合わせて靴も合わせます。要するに腰からしたは全部黒みたいなイメージで合わせるとよいでしょう。ネクタイも夏用のニットタイやリネンなどのタイを用いるかもしくは、タイをしないのであれば、薄手のジャケットもしくはカーディガンなどを羽織ることによって腰位置が目立たないようにするのもいいでしょう。

 今回紹介したユニクロのシャツでもブロードであれば艶もありしわになりにくいのできっちり感はだせるでしょう。またスマホを首からさげたり、いろんな小物をポケットに入れると膨らんでこれもまただらしないので、なるべくスーツの鉄則を意識することでだらしなさを払拭してください。

 さて今回はクールビズについてでした。高いものを買う必要はありません。ユニクロのシャツとスラックスでも十分ですきっちり感は出せますのでみなさんご参考に。

 では来週もお楽しみに。