読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週のユニクロはこれを買え

 こんにちは。マキベリーです。徐々に寒さもうすらいで日差しも強さが出てきました。いよいよ春を感じさせる季節の到来を予感しますね。一方花粉の飛散が激しい時期ですがみなさんは大丈夫でしょうか?私はいわゆる花粉症にはなってないのですが、最近やけに目がしょぼしょぼします。仕事がらほぼ一日PCを見ているせいなのかはたまた花粉のせいなのか全くわからないのですが、なんとなーく疲れ目がとれずに困ってます。

 さて今週のユニクロ期間限定品ですが、今週もやっぱりコットンカシミアVネックセーターがはいってました。まさに隔週ですね。2月に紹介した際私も購入しましたがまだ一回も来ていません。焦らなくても大丈夫な典型的な例ですね。そろそろ完売に近づき値下げ商品にノミネートするのでしょうか?このあたりも今後分析していきたいです。

 本題です。今週選択したのはこちらのコンフォートジャケットです。通常5990円が4990円と1000円OFFです。 

ユニクロ|コンフォートジャケット|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)

 いつもご紹介させていただくものより少し高価ですね。そういえば一時ユニクロの業績が落ち込んだ際の原因分析として価格の高騰があげられていましたね。そのニュースがYahooニュースで出たときのコメント欄には結構厳しい意見が続出しておりました。以前より質が下がっているとか値段が高くてユニクロではないとかそんな感じの意見が多かったと思います。ユニクロ自身もその反省から昨年よりは少し値段を下げてきているという現状です。

 しかし多くのコメントは服を単に消耗品としてみた時の評価だなあと感じました。ユニクロを選ぶ多くの人にとって品質と価格がもっとも重要なファクターなんだと改めて感じました。

 一方ここ近年ユニクロのデザインは年々進化していると私は感じております。本当にそんじょそこらのセレクトショップのものと比較してもわからないといってもいいくらいです。これはアパレルメーカーとしての海外進出を成し遂げたユニクロの正常進化であり今後もぜひこの路線を突き詰めてほしいのですが、やはり国内ではユニクロ=丈夫だけど面白みがないデザインやもっというとださいという評価をあまりオシャレじゃない人にされてしまうのが悩みどころなんだと思います。おそらくオシャレな方々はその価値がわかるのでそれなりに評価されているのではないでしょうか?

 とはいえやはり消費者としてはなるべく安く買いたいというのも事実です。このブログではセクトショップと比較しても大差のないユニクロの良品を安く手に入れる。そして余計なものを買いすぎずサラリーマンの小遣いでもオシャレができると実践していけるように頑張りたいと思います。

 前置きが長くなりましたが、今回はジャケットです。サラリーマンのスーツの代わりになりますよということを言いたいわけでありません。ぜひ休日に着てみてください。サラリーマンのおっさんが休日にジャケットを着るとどうなるか。たいての人がシャツに綿パンのいわゆるジャケパンスタイルになります。おそらくシャツはタックインして茶色の革靴などを合わせてしまいます。しあがりはいかにも休日のおっさんです。なぜでしょうか?まずは配色です。典型的なパターンは紺ジャケットにグレーのパンツに茶色のベルトと革靴。クールビズのサラリーマンにもいそうです。一見オシャレにも見えそうですが少し注意が必要です。まずトップスにダーク色、パンツに薄い色を持ってくるとどうしても薄色が膨張色のため下半身が太く見えます。加えて茶色のベルトと靴が目立つため、腰の位置が明確になるのに加え足の位置も明確になるためどうしても日本人の体形では短足に見えます。色の組み合わせ事態はきれいですので一見オシャレなのですが、それほどかっこよく見えないという結果になります。特にクールビズシーズンのサラリーマンは注意しましょう。

 さらにいうとジャケットのサイズです。こちらはあまり長すぎても短すぎてもだめなんです。長いとどうしてもスーツのイメージに近づきますので仕事着を流用している感がですぎてしまいます。また短すぎると先ほどの革ベルトと同じで腰の高さがはっきりしてしまうので足が短くみえてしまいます。特にお腹が出始めた中年やスポーツ経験者のがっちり下半身の人は要注意です。

 ではどのような着こなしがいいのでしょうか?私のおすすめは上下ダークな同色でセットアップで着用することです。ユニクロでもほぼ同色のスラックスやジョガーパンツなどがありますのでそちらを合わせるとよいでしょう。ただ仕事着を流用していると思われないためにジャケットはやや小さめ(丈を短め)で着ましょう。下半身が目立ちそうですが、パンツが同色であればそこまで目立ちません。そしてインナーですが寒い時期はスウェットやタートルネック。あつくなってきたらカットソーをジャケットより長めの丈で着ましょう。いわゆるドレスシャツじゃないものを合わすことで休日のおっさん感を少なくしまたタックアウトできることで腰の位置を不明確にし、足を長くみせることに貢献します。靴もいわゆるビジネスシューズではなく革靴ならローファーやスリッポン。カジュアル感を強めるならスニーカーもありだと思います。ここら辺はTPOで調整してください。バックもリュックならカジュアルですし、革のクラッチなどならドレスになり結婚式の二次会くらいまで十分カバーできます。ジャケットの丈はおしりの半分くらい。中のインナーはお尻が隠れるくらいがちょうどいいでしょう。ですので私の場合ならジャケットはSインナーのTシャツはLなどここでもサイズはばらばらでチョイスします。

 ジャケットはSだとややお腹まわりがきついのですがボタンはとめないのでよしとします。

 さて今回は休日のジャケット活用法をお伝えしました。中年になると週末はとかくルーズな服装が多くなるかきれいにしようとするとおっさん感がでてしまうのですが、このユニクロのジャケットはジャージ素材なので着ていて不自由な点はないですし、ダークカラーでセットアップで着用しながらもインナーのカットソーやスニーカーなどで上手にカジュアル感をだせば、休日のおっさん感を払拭できます。

 さて今回も説明が長くなってしまいました。読みにくい文章で申し訳ございません。今回はカジュアルで着るジャケットを紹介しました。ぜひ靴まで含めたトータルコーディネイトのため玄関に姿見をかけていろいろと調整してみてください。

 ではまた来週をお楽しみに